札幌少年サッカー、こども整体、札幌整体GEN気倶楽部「子供の成長とスポーツ障害」

セーバー病

セーバー病は、アキレス腱の直ぐ下、踵の骨の後面に痛みを生じる障害です。女子では小学低学年頃に、男子は高学年に発症しやすいといわれています。

 

セーバー病

 

踵の骨後面にはアキレス腱が付着しているため、ジャンプやランニングなどにより牽引力が働き生じる骨端症です。

 

この痛みは非常に強く、ひどくなると歩行だけでなく靴を履くことすら出来なくなります。
サイズとクッション性の合った靴選びと、ふくらはぎの筋肉を十分にストレッチしてから運動することが重要です。

 

また、民間療法でもかなりの症状が軽減します。

 

源整院 琴似