札幌少年サッカー、こども整体、札幌整体GEN気倶楽部「子供の成長とスポーツ障害」

テニス肘

テニスをする方に多く生じる障害で、野球肘とは逆に肘関節の外側に痛みを生じます。

 

テニス肘対策

 

肘関節を伸ばした状態で、手首を手のひら側に曲げると肘に痛みが走るのが特徴です。

 

テニス肘対策

 

多くは不適切なバックハンドのフォームによりますが、手首を過度に使うサービスや、ファアハンドのフォームの場合でも障害を生じます。

 

バックハンド型の方は、上記の動作のほかに、圧迫痛や運動痛(指を反らせると激痛)が出ます。また、ファアハンド型の方は、手のひらを上にしたときの小指側が痛みや指を曲げるときに激痛が出て、ゴルフやボーリングで手関節をひねる動作で痛みが出現することもあります。

 

サーブ型の方は、肘の後ろ側(肘頭)が痛み、また、テニスのサーブは野球の投球動作に似ているため、サーブ肘は野球肘とよく似ています。サーブのインパクト時に腕が一直線になるフォームは、肘を痛める危険性が高いのです。

 

源整院 琴似