札幌少年サッカー、こども整体、札幌整体GEN気倶楽部「子供の成長とスポーツ障害」

野球肘

肘関節の内側にある骨の出っ張りと、その周辺部に痛みを生じる障害です。

 

野球肘対策

 

肘関節を伸ばした状態で、手首を甲側に曲げると痛みが再現されますが、重度になると、外側にも痛みを出します。

 

骨や軟骨、靭帯、筋肉などが未発達な状態で、無理な姿勢での投球や一連のスムーズな投球フォームが失われると、手投げの状態になり、肘に大きな負担がかかってしまいます。

 

投球の動作で負担が掛かる

 

こういった症状を引き起こすのは、手のひら側の手首から肘関節の内側にかけて伸びる長い筋肉や靭帯へ強い負荷がかかり、過度の投球動作により負荷が蓄積された結果痛みとし現れるのです。

 

源整院 琴似